精神神経科

我が国は既に高齢社会であり、それに伴い痴呆症患者が増加の一途をたどっております。一方、不況が長引き社会に明るい話題が少ない中、自殺者も増加、交通事故による死者の実に3倍もの人が自ら命を絶っているという現状があります。それに伴い「心のケア」が叫ばれていますが、現状はまだまだ十分とは言いがたい状況です。そのような中、私達は皆様のメンタルヘルス向上のため日々診療に当たっております。

「精神科」というと、どうしても暗いイメージがつきまとい、敷居が高いように思われがちですが、当科は明るいアットホームな雰囲気で皆様をお迎えしております。入院施設(病棟~現在常勤医師不在のため休棟中)もあり、ほぼ毎日多くの行事やレクリエーションを行い、出来るだけ早期の回復・退院に向け活動しています。また、身体疾患を合併されている方も内科医師との綿密な連携の下で治療を行っております。

当科の医療圏としては、地元長沼はもとより、近隣の栗山、由仁、南幌、夕張、北広島に加え、札幌や恵庭、千歳、岩見沢等に及んでおり、各地域の施設や保健師、訪問看護師等のケアワーカーとの連携の下、皆様が安心して暮らすことが出来るように活動しております。

物忘れ、やる気の無さ、気分の落ち込み、不安感、イライラ感、不眠など、ご自分或いはご家族やお知り合いの方が、気持ちの上でつらい症状や心配事をお持ちでしたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る