検査科の部門

当病院の検査科は、血液や尿等の成分を調べる検体検査部門と心臓・肺などの体の機能を調べる生理検査部門と院外へ委託している病理検査部門とで構成されてます。

検体検査部門
<血液検査>
患者さんから採取した血液に含まれる細胞成分(赤血球、白血球、血小板、ヘモグロビン等)の数や種類の変化を調べる事により、患者さんの健康状態を知ることが出来ます。
<生化学検査>
血液など、体内から取り出した各種体液を用い、ヒトが生きるために必要な物資の変化を科学的に測定し、医師が患者さんの病気の診察をしたり、病状を推測したりする時の補助的役割をします。
<輸血検査>
血液型の判定や、輸血する血液が、その患者さんに適合するものであるかを調べます。
<一般・細菌検査>
尿、便、髄液などの成分(細菌、細胞など)を調べることにより患者さんの健康状態を知ることができます。
<免疫血清検査>
血液中のホルモンや成分を調べることにより、炎症の有無(CRP)や、肺炎・リウマチなどの原因となる溶連菌感染の有無(ALSO)などを調べます。また肝炎ウイルスの有無・インフルエンザウイルスの有無などを調べます。
生理検査部門
<生理検査>
患者さんの心臓などから出るごく弱い電気信号を電極を介して測定したり、呼吸の大きさ、速度など体の機能を調べる無痛検査です。
病理検査部門
<病理検査>
患者さんの体組織を細胞レベルで観察し、悪性細胞がないかどうか、また腫瘍が良性か悪性かなどを診断します。

「皆様へ」

限られたスペースの中で当病院の検査科を紹介いたしました。
町民から信頼され、親しまれる検査科を目指しております。

トップへ戻る