看護科紹介

昭和25年開設以来、増築、名称変更とされ現在の町立長沼病院となりました。

地域住民の皆様が、外来通院、入院治療、又夜間の急病時安心して受診ができ、質の高い医療、看護が受けられるように、医療サービスの向上につとめます。

病院の理念を受けて、患者さん一人一人の人権を尊重し、患者さんの持つ「力」に働きかける、セルフケアへの支援と共に、家族の方々と一緒に問題解決をしていきます。

地域の保健、医療、福祉と連携を図り患者さんの生活の支援をし、専門職業人としての自覚を持ち、自己の能力開発に努めます。

また、地域の病院として、中央の専門病院<脳外、循環器、外科>で急性期治療を終えた患者さんを継続して治療看護を行ない、地域に密着した、無くてはならない病院となっています。

トップへ戻る