施設・設備紹介

リハビリ室

当院では、通常のリハビリの他、スポーツ外来を行っております。他の施設では受けられないとのことで多くの皆様にご利用されています。専属のスタッフが対応しております。

CRシステム(一般撮影)

当院の一般レントゲン撮影は、デジタル処理をするCRシステムを導入しております。従来のアナログ方式に比べ鮮明な画像を得ることができ、診断能力の向上に役立っています。

CT

コンピュータ断層撮影法、ComdtutedTomogradthyの略です。これは、X線を回転させながら人体に照射して、ある横断面におけるX線吸収値(CT値)の分布を、計算に基づいて2次元として画像化させたものです。当院ではヘリカルCT(らせん状CT)を使用しより精密な画像を提供し、肺疾患、消化器疾患などの診断を行っております。

MRI

磁気共鳴画像:magneticresonanceimagingの略で、強い磁気(高磁場)を利用することによって、人体の組織を画像化することを言います。当院MRI装置の磁場強度は1.5T(テスラ)です。道内でも最新の機器を導入し脳疾患の診断、脳ドック(MRA:MRIを使っての血管撮影を含む)膵胆道疾患の診断等を行っております。 MRI検査についての注意

骨塩定量測定

骨組織の量を測定し、骨に対する吸収の度合いで骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の診断に利用する検査です。手首に弱い2種類のX線を照射して、骨の中のカルシウム量を測定します。当院ではDEXA法を利用した機器を用いて検査しています。

MRI検査についての注意

患者さんや撮影部位によっても異なりますので大まかな注意です。

<検査の出来ない方>
ペースメーカー、磁性体(磁石にくっつくもの)が体内に埋め込まれている方、など
<検査室内に持ち込めないもの,検査時にはずしていただくもの>
  • 磁性体
  • 補助装具(磁性体)
  • エレキバン
  • 補聴器
  • ピアスなど
<注意していただくもの(※装置にくっついていきます)>
指輪(はずれないものはOK)、湿布など
トップへ戻る